レンタルスペースコミュニティ
《Shared space》代表の宮崎です。

今回は僕とレンタルスペースとの
出会いになどについて
お話ししたいと思います。

普通のサラリーマン時代

僕のレンタルスペースとの出会いは
2013年になります。

大卒で当時勤めていた会社で
特に刺激のない普通の
仕事を続けていましたが

このままではいけないと思いつつ
何も出来ず平凡な日々を
過ごしていました。

ネットで副業を調べては
楽しそうと思っても
自分にはどうぜ出来ない
と思いこんでいて
中々行動には移せませんでした

しかし、30歳を過ぎても
行動出来ない自分に嫌気が差し
自分を変えたいという想い
強くなってきました。

小さくてもいいから
何か新しいビジネスを
やりたいなと思い

2013年に民泊事業を立ち上げ
それが見事に軌道に乗り、
自身のビジネスの絶頂期を
迎えていました。

しかし、新規ビジネスの
荒波にのまれ急転直下。。。

会社も非常に厳しい状況を
迎えてしまいました。

レンタルスペースと出会う

そんな中でレンタルスペースの
プラットフォーマーの方と
出会ったのがきっかけでした。

会社を立て直すためにも
新しい業態にチャレンジする
必要があったため、

民泊同様シェアアリングエコノミー事業である
レンタルスペース事業への進出は
そんなに難しいものではありませんでした。

まずはチャレンジ

民泊の時もそうでしたが、
周りで誰もやっていないことに
チャレンジするのは好きだったので
ノウハウも無い中、
とにかく行動に移しました。

知り合ったプラットフォーマーの方の
助言を得て、まずは貸し会議室を
1件始めてみました。

しかし、会社から・・・

この貸し会議室ビジネスは
マーケットが非常に小さく、
利益は出るものの、
会社の状況を改善するほどの
勢いはありませんでした。

ある時、当時の社長から数か月したら
給料が払えなくなる可能性が
現実味を帯びてきた
という話をされました。

1人でやってみよう

数か月以内で会社の状況が
改善する見込みも立たないので、
次の道を探ることになるのですが、

自分の年齢も考慮すると
勝負するならこのタイミングだなと、
すぐに決断できました。

就職はせずに
1人でやってみようという決断です。

社長の話から3日後に独立を決意し、
会社も退職する事にしました。

社長も責任を感じてか、
1か月間は独立の準備で
動いて良いということでしたの、
1ヶ月でとにかく準備を進めました。

内心焦りまくりでしたので、
とにかく余計な事は考えず
ひたすら行動していました。

これまで不動産関連でしか
仕事をしたことが無いので、
不動産事業の継続はマストであり、
民泊事業サポート、そして
やり始めたばかりのレンタルスペース事業。

この3つでまずは
成り立たせていこうと決めました。

新たなスタート

正式な退社後に
早速レンタルスペース運営を始めました。

1件目はレンタルスペースの中でも
軸となる貸し会議室運営です。

まずはなるべく
自分の目の届く範囲で始めようと、
場所を重視して物件を選びました。

運営については、民泊の時に培った
ノウハウを生かしながら
運営をしていくことで、
順調に運営をしていくことができました。

まさかの事件

毎月10万円近くの利益をあげることに
成功していたのですが、
3か月後に事件が起こりました・・・

隣人からクレームが出てしまい、
スペース運営の続行ができなくなったのです。

実はこの物件については
貸し会議室の運営を行う事を伝えておらず、
事務所として契約していたのです。
(↑当時はわかりませんでしたが、
今となっては一番やってはいけないことです)

事務所も貸し会議室も似たようなものだから
敢えて伝えておく必要はないだろう
という浅はかな考えが招いた出来事です。

3ヶ月での撤退・・・

赤字は100万円近くです。
独立したての僕には
非常に苦い経験となりました。

ピンチはチャンス

それ以降は不動産屋さんや大家さんにも
用途について確認を行い
しっかりと許可をとるようになりました。

(これが他の人には真似出来ない
今の自分の最強の交渉術を作っています)

しばらくはレンタルスペース物件の紹介を
メインに行うと同時に、
自分の紹介した物件の
マーケティングやノウハウを学んでいきました。

そして撤退から2ヶ月、
満を持して再度自分での運営チャレンジ

=============================

✅どのような物件が需要有るのか、
✅どのように運営していけば利益が出るか、
✅トラブルが起こりにくいか

=============================

など徹底的に学んでいたので、
思い当たることは全て実践してきました。

半年間じっくりと丁寧に運営をして、
成功パターンが確立できてきたので、
そこからは年間2~3店舗のペースで
出店していき現在に至ります。

現在13店舗運営中ですが、
レンタルスペース事業にかける時間は
1日15分程度です。

これだけでサラリーマン時代の給料とは
比べものにならないくらいになり
毎月100万円以上の利益になります。

特に時間を有意義に使えるのが
非常に大きいです。

そういう意味では、不動産投資の1つとして
確立されていくこともあるでしょう。

僕のこだわり

本当はもっと出店してきたいのですが、
物件紹介も同時に行っているので、
なかなか自分の物件まで手が回らないのです。

自分の手が回らないというのは
良い物件があればまずは自分というよりは
僕と同じように稼いで欲しいので
自分で契約せずに仲間に
優先的に紹介しちゃうのです(笑)

本来であれば自分で調査して
良い物件があればまずは
自分がやっちゃうのが普通だと思うのですが
僕は自分よりも相手を
優先してしまう性格のようです。

また、僕のポリシーとして、
自分がお客様に紹介した物件と
競合になるところでは
出店しないとしているので、

自分の出店できるエリアが
どんどん狭くなってきてしまうのです(笑)

そんな中でも新規エリアを開拓し
新たな需要を探して
今後も出店を続けていきます。

このレンタルスペース事業に関しては、
民泊と比べるとマーケットが
非常に小さいのですが、
今後の伸び代もかなり感じています。

特に今回新型コロナウイルスの影響により、
国が推奨するテレワークが進み
企業のオフィス不要論がささやかれる中で、
レンタルスペースは今後
大きな役割を担っていく可能性があります。

所有から共有の流れにある
シェアリングエコノミー経済の
流れがここにも出てきたのです。

今後は僕自身の物件を増やしていくと同時に
新しい価値を届けていく楽しみを共有できる
レンタルスペース仲間をもっと増やして
市場の拡大を目指して
取り組んでいきたいと思います。

最後に

ここまで読んでいただき、
本当にありがとうございました!!

かなりの長文となってしまいましたが、
最後まで読んでいただいて
本当に感謝の気持ちしかありません。

僕がモットーにしていることは
『信用』と『安心』です。

不動産業者はあまりに自社(自分)の
利益に重きを置きすぎて、
お客様に対しての
誠実さに欠けるというお話をしましたが
この問題をなんとかしたいと
強くずっと思っています。

さらに最近の不動産では空室
目立っている物件も増えてきており
不動産業界がかかえる問題は山積みです。

この2点の問題を解決する為に、
レンタルスペースに特化した
コミュニティを立ち上げました。

お客様に対して誠実に、
そして空室になっている物件を
レンタルスペースとして有効活用
関わる方全てに
ハッピーになって欲しいのです。

僕自身ももっとレンタルスペースを
広げていきたいのですが、
自分がやりたい物件が
出てきた時にはまずメンバー様に
共有しています。

メンバー様が希望すればその物件を渡し、
希望がなければ
自分が運営するといった感じです。

僕のこだわりとしてコミュニティメンバー様が
出店したエリアには
僕は出店しないというルールを
決めているので
どんどん自分が出店出来るエリアが
なくなっているのが現状なんです(笑)

でも、これこそが
あるべき姿だと思っています。

現に不動産業界では好条件の物件は
自社や身内で確保し、
売れ行きの良くない物件を
あたかも良さそうなうたい文句で
営業し販売してる所が多いです。

本当に自分の利益に重きをおきすぎて、
お客様のことをお客様と思っていなんです。

信用、信頼が落ちても新規の顧客で
またさらに同じことをしているんです。

僕はこの悪しき風習を断固否定
新規のお客様は少なめ、既存のお客様に
リピートして頂くことを第一に考えています。

その為、コミュニティには人数制限があり
コミュニティメンバー様全員がハッピー
になれるよう日々取り組んでいます。

僕の成功した経験ももちろんですが、
失敗した経験も隠さず
全てさらけだしています。

そうする事により
同じ失敗や過ちをすることなく、
コミュニティメンバー様には効率よく、
最短で稼げるようになっており、

大家さんからすると空き家が有効活用できて
Win-Win-Winの関係が出来ています。

ここまでお付き合いいただき、
本当にありがとうございました。