【備品戦略⑪ Shared space設営代行サービス】

こちらではShared spaceが自信を持って紹介する
設営代行サービスについてご紹介します。

レンタルスペースを運営するためには物件を契約した後、
運営を開始するまでに多くのステップがあります。

具体的には、内装デザイン、インテリアの発注、納品対応、
組立・設置、壁紙施工、部屋の写真撮影・加工などです。

もちろん個人で全て備品を揃え、内装施工をすることは可能ですが、
かなりの労力と時間を要します。
(売上の上がるスペース作りは労力と時間に比例しないです)

インテリアや施工に興味がある方であれば
前向きに準備を進めることができるかと思いますが、

「可能な限り早く貸し会議室を始めたい」
「内装デザインを自分で考えるのが難しい」

という方に向けて設営代行サービスをご紹介しています。

<設営実績 スタッフA>

<設営実績 スタッフB>

<サービス内容>

 

レンタルスペースを運営するために
適切なインテリア&内装が全うのが、
Shared spaceが紹介する設営代行サービスのメリットです。

内装デザインは決まりきったものではなく、
ご希望のイメージをヒアリング後、
イメージに合ったデザインをご提案させていただきます。

※参考備品リスト
下記をクリックしてエクセルをダウンロードしてください。

12名のケース
8名のケース
6名のケース①
6名のケース②

またインテリアはもちろんワンポイント壁紙も
数十種類の中から選択が可能です。
(ワンポイント壁紙は貼ってはがせるタイプのものを
使用いたします/賃貸でも施工が可能です)

「売上が上がるレンタルスペース」を作るならぜひ
Shared spaceが紹介する設営代行サービスをご検討ください。

こちら(スタッフA)よりお申込みが出来ます。

また代行サービススタッフAは地域などの制限があります。
※東京、千葉、埼玉、神奈川

フォームの確認事項より確認を頂き、
条件外の場合はこちら(スタッフB)よりお申込み下さい。
フォーム確認後、ご登録のメールアドレスへご連絡します。

また申し込むタイミングですが、なる早をおススメしています。

タイミングとしては 内見後すぐ です。

設営スタッフのスケジュールもあるので
早めに申請して確保しておくのがおススメです。

下記に簡易スケジュールを記載します。

オープン当日
1日前 写真撮影・設営完了
2日前 賃貸契約日・設営開始日
7日前 備品発注
14日前 契約完了
21日前 内見・設営申込・光申込 ←※ここで設営を申請

《ミッション》
感想や気づき、疑問をコメントに残しましょう。

NEXTコンテンツへ進む

Episode2一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました